3,5% の本気

プロトマニアの荒川陽子です。このところの東京は、春!

 

新聞で読んだこと。

経済思想家の斎藤幸平さんの談。

資本主義の経済成長と、地球環境保全は両立しない。

利益を追求して成長し続けなくてはならない資本主義は、地球資源をひたすら奪って大量生産・大量消費・大量廃棄する社会をつくるシステムだから。

これからは「脱成長」という発想が求められる。個々の利潤よりも社会の共有財産を増やすこと。

次の価値観ともいえます。

そして、素敵な情報も。

アメリカのハーバード大学などの研究によると、「3,5%」の人々が非暴力で本気で立ち上がると、社会が大きく変わるのだそうです。

・・・ 3,5% !

これまでのシステムから飛び出す3,5%の人によって、その後に続く変化は一気に起こり得る。

斎藤幸平さんは、30代半ばの方です。柔軟な発想の人々が先頭に立って、世界は動き出しそうです。

楽しみ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください