想像力と思考力〜アートの歓び

 

プロトマニアの荒川陽子です。皆様、いかがお過ごしでしょうか

たまたま朝の散歩で会った隣人は、もう1ヶ月会社に行かずにテレワークで「もう飽きました」とおっしゃっていました。普段より他者に会わず、外出を控えていると、単調な日々に飽きるのかもしれませんが、朝の散歩やジョギングする人がなんだか増えていますよ〜。それもご夫妻や子どもたちと歩いたり走ったりしている光景を目にします。飽きちゃった!としても、その反面、いいこともいろいろあるはず♪

昨日の  Eテレ「日曜美術館」 は、コロナ感染拡大の今に合わせて「疫病を超えて 人は何を描いてきたか」。いつもはスタジオにいる小野正嗣さんがオンラインで出演して、素敵なことをおっしゃっていました。再放送は、来週の日曜日午後8時から。

現在、名だたる美術館は臨時休館中で、行きたい展覧会にも行けず、見たかった作品も見ることができないけれど、その寂しさや不足感を感じられることは実は素敵なことです。そのおかげで人間がどれほど芸術に勇気づけられ、芸術が豊かな精神を育んできたか、改めて感じられるかもしれません。

そんな今、プロトマニアの中尾先生たちのオンライン講座が着々と開催されて、オンラインならではの広がりを見せていますのでご案内します。主催は、中尾先生の対話型鑑賞ファシリテーター講座を修了した浅野始さんです。

■対話型鑑賞のプラットフォーム

今夜の配信は、

*絵画鑑賞 入門講座オンライン〈モネ〉 20:00~21:30

こちらのファシリテーターは、かつて中尾先生の右腕として活躍し、今はフランス在住の遠藤浩子さんです。遠藤さんは、プロトマニアでバッチフラワーレメディの講座をしてくださったことがあります、中尾先生とのご縁は彼女が繋いでくれました。プロトマニアのとっても大切な人。美術と植物のエキスパートです。

今週はほぼ毎日開催される講座があります。発言できる対話参加にまだ席がある講座にも、ぜひトライしてください。聴くだけ参加も楽しいですよ〜

中尾先生が最初にプロトマニアで「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」をスタートした頃におっしゃっていた「絵は想像力と思考力で見る」を、最近、思い出しています。

私たちは、思考で整理して納得したい。でも自分がどう感じるか?をお置いてきぼりにしないでいよう。感性も知性も使えるのが絵を見る時の面白さ。そして、わからないことも大切です。なんだかわからないことは、本当は宝物なのではないかと思います。

 

 

3 comments

  1. 言葉っておもしろいですね。言葉を発して使い始めると、概念の世界に入ってしまいますが、言葉にはやっぱり力がある。そして謎かけみたいな深さがありますね。こだわることが言葉遊びにならないようにしながら、せっかく持っている言葉の世界を想像力で楽しむことも、ワンダーランドで楽しそう。

    いいね

  2. わかる!
    というのは、分けること?だとすれば、
    宇宙を理解しようとして、本来一体であった私と宇宙を分けた。
    とすると、
    私と宇宙は分けられない!ということを、
    わからない!
    と表現することになるようです。
    言葉にするとややこしい。(笑)

    いいね: 1人

コメントは受け付けていません。