9月空のお茶会〜友たちと。

9月の空のお茶会2018

 

昨日、空のお茶会でした。

空のお茶会は、私とは何か、を話せる場。

バーソロミューを読む時、人の声に触れるのは心地よい。

あちこちの先生が言っていることを聞けるのも、なるほど〜がある。

みんなでの会話は、トスしてパスしてパタパタパタと立体的になって行く。

何より、本質について真摯な友人ができるのがステキです。

 

本質の方向に、目の前のこと頭の中のことを見破って行くと、だんだんシンプルへシンプルへと自然な成り行きが動きます。

言葉の種類は減るけれど、一つの言葉の中身は豊かで深くなる気がします。

 

いつも空を見て来たけど、いろんな気持ちで見ていたなぁ。

苦しい時も、切ない時も、爽やかな時も、晴れやかな時もありましたが、

どれもこれも、ただそこに在る。

 

9月の空のお茶会2018

 

虹が出たら嬉しいし、青空が見えたら元気になるし、曇り空の白い雲だって黒い龍のような雲だって、それはそれで良いのだ。

 

空のお茶会は、来た人それぞれが何かを感じたり、後からふと気がつくことがあったり、それぞれのペースで何かが動いたり動かなかったりします。

 

これでいいのだ。

 

 

9月空のお茶会2018

20回目の空のお茶会。参加してくれたお友達のバッグに綺麗なフラワーオブライフのアクセサリー。写真はハレーションを起こしちゃっているけど、午後の光がとっても綺麗でした。

 

10月のお茶会は、日にちが決まりましたら、お知らせします。ぜひご一緒しましょ〜