想像力という余白。

想像力という余白。

 

今日は、ギャラリーでペンキ塗りをしました。

ペンキ塗りって楽しいです。塗り塗り・・・集中。無心。

 

最近の空は、写真にただ撮って何も加工していないのに、加工したみたいにドラマティック。

人を引きつける写真は、テクニックや加工の面白さもある。

それが表現。

 

人間には、想像力がある。

見た人が自分の想像を楽しめるような、余白のある、少しおっとりした写真が好きです。

 

想像力という余白。