真っ直ぐ歩かなくても、いいのだ

IMG_2013

今朝お散歩の時。

小学生の子どもが通学路をまっすぐ歩かずに、

公園の中に入って芝生の上を歩いたり、小山に登ったり、

あちこち寄り道しながら登校中。

私は早歩きだったけど、子どもは私をチラチラ見て、後をくっついて来る。

近づいて来たから、

 

今日はがっこう、何時間?

 

と尋ねてみた。

 

5時間だよ。

 

と応えた。

その後、その子と並んで歩いた。

 

その子は、「実はね…、」なんて大人みたいに言ってから、

1年4組であること、次は2年4組だってこと(もうすぐ4月だもんね)、

これから学校中、全員と友だちになる計画なんだってこと、

6年生のお兄さんとも友だちであること、などなどいろいろ教えてくれました。

学校がある曲がり角まで一緒に歩いて、じゃまたね、とサヨナラしました。

 

彼は真っ直ぐ歩かず、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、寄り道くんだった。

そうだ、私と同じだ。

知らないおばちゃんとあんなにお話するなんて、

寄り道仲間の匂いがしたんだね、きっと。