私のクリムト、から次へ

FullSizeRender-1

今月のプロトマニアレクチャー「これまで誰も教えてくれなかった〜絵画鑑賞入門講座」は、

世紀末ウィーンの芸術家、クリムト。

 

クリムトは頽廃的なムードをたたえた作品が印象的。

1901 ユーディット_2   1024px-Gustav_Klimt_016

 

デザイン的でもありますね。金箔をふんだんに使っていて、単純に美しくもある。

 

FullSizeRender-2

こんな作品もある。

FullSizeRender-3

私はクリムトのデッサンが大好きなのです。

線がこれほど多くを表現している、ということに、まず息をのむ。

音、匂い、空気の重さ、光、… 触覚までもが刺激されるような線描。

クリムト人気はとても高いのです。

とにかく美しいから? 金箔や色がちりばめられている作品は美しい?

女性が官能的? 絵が分かりやすい? これならもらって部屋に飾ってもいいかも?

本当のクリムトの魅力というのは何なのか?

 

若い時にヨーロッパへ行って、

それまであまり好きではなかったモーツァルトがとても好きになりました。

それをフランス人のヴァイオリニストに言うと、ちょっとバカにしたような表情で、

「モーツァルト? 俗っぽいね」

と言われました。

そんな風にクリムトもおそらくどこかで、

「俗っぽいね」

という目で見られているところがある。

でも思うに、俗っぽさの中には聖なるものが宿っている。

世界はいつでも両方を孕んでいる。

ジャンヌダルクが正義のために多くの血を流してしまったように。

 

中尾さんがどんな風にクリムトを観ているのか、とても楽しみです。

そして、私のクリムトがどんな風に見え始めるのか…

 

プロトマニアの絵画鑑賞は、知識を増やすことが目的ではなくて、

知識を得ながら感じること、感じ方を開拓していく体感、がおもしろい。

中尾さんのリードはすばらしくて、押し付けない、でも引かない。

こんな美術の時間が子どもの頃からあったら、

きっと、美術は生きる歓びに溢れていると知り、

当り前のように美術が生活の中に共存しているだろうな。

 

ここは寺子屋だから、世間と違っていいんです。

浮かれポンチな感想も、変人的な発想も、マニアックな掘り下げも、ぜんぶオッケー。

既成概念を脱ぎ捨てて、目玉を洗って(笑)、

たった今生まれたばかりの赤ちゃんのような目で耳で鼻で皮膚で、

いろんなものを眺め味わってみたいものですね。

FullSizeRender