それほんとう?

mamapan

昨日、ちょっと面白かったこと。

夜の帰り道、ふと建物の二階を見るとネオンのような光が、滝のように流れています。

ぱらぱらと点滅しながら滝のように光が流れている。

きれいだなぁと思ってその横を通り過ぎた時、

実はその光の滝は、電光掲示板の流れる文字の点滅だとわかりました。

斜めから見たら綺麗な光の滝だったのに、

正面から見たら凡庸なセリフのキャッチコピー電光掲示板。

私たちが見て確かだと疑いもしないものは、実はこんな風にできているのかもね。

 

「人間は時間を直線として捉える。長いまっすぐな棒に刻み目を付けるみたいにね。こっちが前の未来で、こっちが後ろの過去で、今はこのポイントにいる、みたいに。それはわかる?」

「たぶん」

「でも実際には時間は直線じゃない。どんなかっこうもしていない。それはあらゆる意味においてかたちを持たないものだ。 でも、僕らはかたちのないものを頭に思い浮かべられないから、便宜的にそれを直線として認識する。 そういう観念の置き換えができるのは、今のところ人間だけだ」

「でもわたしたちのほうがまちがっているのかもしれない」

 

1Q84 BOOK3<10月‐12月>  村上春樹著より